読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RepetitionLife

株式会社アプト代表取締役 遠藤幸一郎のブログ

起業してからもスポーツ選手でい続ける理由

ぼくは起業してから7年目ですが、

リクルート時代から今に至るまでずっと現役の陸上選手です。

一時期実業団チームから外されたこともありますが、色んなご縁で実業団登録に戻る事ができて、今年は7年目にしてはじめて全日本実業団に出場することも出来ました。

 

週7で仕事しながら週5で練習に行き、

僕は周りになんと言われようと

健康の為とか、趣味スポーツではなく、

あくまでアスリートでいる事に拘っています。

 

昔からですが、その事をお仕事でお会いする方にはだいぶ不思議な顔をされてしまいますので、

僕が今の仕事をしながらもしつこく陸上選手でい続ける理由はなんだっけかと、

少し自分の事を振り返ってみました。

 

高校生の時まで話は遡るのですが、

実は昔は高校球児で、休みもなくとにかくがむしゃらに甲子園を目指した時期がありました。

僕らの代は秋と夏が埼玉ベスト16で、

練習設備も充実し、部員も多く、所謂強豪校の一つだったとは思うのですが、そんな中でも甲子園どころか、3年間で一度もベンチに入れず、最後の夏はチームが甲子園に少しでも近づくために自らマネージャーを志願しました。

 

日本の高校野球はとても競争が激しく

埼玉は高野連加盟が162校で、7400人の球児が毎年いる中で、

多くは子供の頃からそれだけを夢見て、

高校に入るまえから中学の時も野球だけに取り組み、甲子園に出るためだけに学校を選ぶ選手も少なくありません。

それでも憧れの甲子園に出れるのは1校の18名のみで単純確率で0.2%です。

 

つまりスポーツは椅子の数が予め決められた椅子取りゲームなのです。

僕はスポーツを趣味で行うか、アスリートとして行うかは、

そのスポーツ自体を行う熱量やその人の生活の中での優先順位で判断するのではなく、椅子取りゲームで椅子を取りにいくかどうかだと勝手に思っています。

なので毎日練習していても、そのスポーツが好きでやっているのであれば激しい趣味ですが、

練習頻度が週に1回や2回でも、他の人と自分を比べ、限られた枠の中に入るために好きかどうかは関係なく取り組んでいるのであればアスリートだと思ってます。

 

ここで重要なのは仕事と違って勝者が絶対的に正解であるということと、

その枠が決まっているということです。

(もちろん参加標準記録で出場できるものや、業界からの派遣などはありますが)

 

いい仕事というのは、

社会的意義や貢献度、経済的な評価、個人でみても、その人の成長度合いや、自分の人生に価値観にそぐわしいか、ワークライフバランスがとれているかなど

同じ業界や組織内でも”いい仕事”の評価は色々なものさしがありますが、

 

アスリートスポーツは代表枠や、全国への出場など、自身で設定した椅子を取れるかとれないかがその人のスポーツ人生を残酷に白黒はっきりしてくれます。

 

椅子を勝ち取ったごく一部の人以外は敗者なのです。

 

しかも

勝負は時の運と言われるように、一瞬の判断ミスや不運などで勝敗を決し、

それまでの実績や努力量などは当然考慮されず、目指した夢がただの思い出になってしまう。

 

そして一部のプロスポーツや一握りのトップ選手を除けば、金銭的な見返りはなく、

生活を節制し、様々な欲に惑わされることもなく、その椅子を勝ち取る為だけに色んなものを犠牲にしています。

そして勝ち取った椅子も座っていられるのはほんのひと時で、

それでその人の人生が大きく変わるかと言われると、そうでないことが殆どです。

 

はっきり言ってとても割の悪い人生だなと思います。

 

でもそんな椅子取りゲームの本番は最高に興奮と緊張と不安が混じり合って、

勝ち取った時の達成感や高揚感、そうでなかった時の失意や悔しは、人生にハリを与えてくれて、仕事で得る達成感とは全く別物です。

 

長々と話してきましたが

それが僕のスポーツ選手でいる理由です。

 

今年は長年目標にしてきた全日本実業団に

社会人7年目にして初出場です。

恐らく最高に緊張すると思いますし

ここに至るまでとても辛かっですし

なんども嫌になりましたが

本当に続けてよかったなと思いました。

 

f:id:enchan-k:20160924141414j:plain

僕が起業した理由〜後半〜

カフェを開業するためには、

もちろん最初に物件を選ばなくてはいけません。

さらにそこには当時の僕らには途方に暮れてしまうような金額が必要で、

当時"飲食店舗を立ち上げるにはいくらかかるのですか?”と聞くと

テンプレのように”物件による”と返ってきました。

 

内訳は以下の通りで

・物件取得費用(家賃の半年〜1年分が保証金として必要)

・施工費(床、壁、電気工事、水道工事、etc・・・)

・設計費

・購入備品費(厨房器具、家具など)

経験測でおおよそ50坪で2000~4000万くらいかと思ってます。

 

もちろん当時僕らにそんな資金力はなかったので、

・居抜き(工事がいらない、備品購入がいらない)

・保証金が安い

・20~30坪くらい

で物件を探していて、苦節の末見つかったのが僕らの最初の店舗が

南池袋にある岩田ビルです。

 

発起人で集めたなけなしの資金と、

それを元手に日本政策金融公庫から借りた資金で

全くプロの手を借りずに、自分達と有志で集まってくれた友人達で

手作りで作ったのが『A.P.T.lounnge』でした。

f:id:enchan-k:20160830182822j:plain

店舗の工事、家具の製作、メニュー作成、WEBや紙の広告など

身の周り人達に助けてもらってできた店舗はとても愛着深く、

とかく目の前のことに必死だったので、

当時は自分達のサービスや、組織、

そして世の中に対するミッションなどは正直全く思い描いていなくて、

資金がない中で作った店舗も、経験が浅い僕らのサービスも、

まだまだ世の中にプロとして通用するには

遠い道のりだという認識があったのを覚えています。

 

OPEN記念で行った2daysのイベントでは

”学園祭だね、2ヶ月で潰れる”

と言われたことや、その他数え切れないほど悔しい思いをしながらも

いつしか

”一緒にこのプロジェクトに携わってくれた人を幸せにしなきゃいけない”

という思いが原動力になって

社長である自分の給与も学生のアルバイト以下の給与にして

休みなくとにかく文字通り必死に働きました。

 

脱サラをして未経験からカフェを友人と起業するという話は、

冷静に考えると、とても無謀で100人いたら100人は反対するような話ですが

携わってくれたメンバーに関しては、今考えても

”もう一回起業しようと思っても集められないくらい最高のメンバーが”力を貸してくれた自負があります。

 

”このメンバーの力を借りて失敗した暁には二度と次のチャンスはない”

と思い、

当初創業を決めた"ノリ"がいつしか“覚悟”と“責任”になり

2011年2月より株式会社アプトの最初のデビュー作は世の中に誕生しました。

 

僕が起業した理由〜前半〜

 

来年新卒で新社会人になる学生との面接を行うたびに、

自分の学生時代の就職活動のことを思い出します。

当時、スポーツの業界で選手としてもビジネスマンとしても

大成したかった自分は、

”スポーツビジネスを行うならきっと広告収入のビジネスモデルを学ぶ事だ!”

と今思うとふわふわした理由でリクルートを受けました。

起業家が多いとは良く言われるリクルートでしたが、

リクルートにいた時は、

”起業”という言葉自体にあまり引っ張られる事はなくむしろ

”大きい会社で大きい資本で世の中にインパクトある仕事がしたい”

weddingの業界をリードするゼクシィの営業であることに誇りと責任を持って

充実したサラリーマンライフを送っていました。

ただ前述通りスポーツ業界で仕事がしたかった自分は

”他の人で世の中にまだ届けられていない価値が自分たちの手で届けれらる時を確信した時は立ち上がろう”

なんてことを思いながら、

それでも”きっと自分のような人間がやることではないのかも”

なんてことも思っていたのできっと現実的な目標としては設定していなかったように思います。

 

我ながらリクルート時代の社会人1年目はとにかく働きました。

背伸びをしてもギリギリ届くかわからない目標にチャレンジし続ける企業文化の中毎日深夜までとかく働いていました。

陸上選手として実業団チームにも所属していた自分は(自分以外のチームメイトは皆競技を本業とする選手という大変刺激的な環境)

”時間がなくて、練習ができない”などといった超絶ダサいことを言いたくないと

f:id:enchan-k:20161019233151g:plain

深夜2時まで仕事してそのまま深夜の競技場に潜り込んで練習をして仮眠をとってまた出勤するというスケジュールの中当時福島県(転勤)で働いていましたが

・身体を壊して競技どころじゃなくなったこと

・今仕事辞めてもしばらく人材価値落ちないくらい働いた自負

・とにかく東京に戻りたい・・・

の3つの理由で、

”20代前半は陸上に没頭して引退したらまた仕事探そう、きっとその時でもリクルートにいた経験は生きるはず!”

なんて事を思いながら

サクッと退職して東京に戻ってきました。

 

退職が決まった直後現株式会社ツクルバ代表の村上氏と飲みに行き

”将来的に昔や今もたくさんの人とつながってこれた、そんな人たちとのハブになれるうようなカフェ・バーを創業したい”

なんて話で盛り上がった時に

自分の

・自分たちの手でしか届けらない価値が見つかってから起業

・陸上に集中するためにリクルートを退職

という2点からは確実に矛盾する選択だったのですが

根拠のない自信と、

想像すればするほどワクワクする世界が広がっていく気がして、

2010年株式会社アプトを創業しました。

〜後半へ続く〜

 

 

 

暮らしの側に心ふるえる体験を

株式会社アプト

http://aptweb.jp